なごみのわーるど

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護給付費分科会のお寒い人材

<<   作成日時 : 2009/02/28 12:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

龍谷大学の社会学部教授で社会保障審議会介護給付費分科会の
委員を務める、池田省三氏が行なったお寒い公演内容を
記事で読みました↓

ケアマネジメント・オンライン該当記事

このような重要なポストに就いておられる方が
ここまで低レベルの解釈を公然と発言されていることに
大変なショックを覚えました。

これでは日本の介護保険制度はよくならないはずです。。。


例えば、
「要支援1・2の対象者は、介護保険ではなく、地域支援事業に回せばいい」
という発言。
地域支援事業がそれほどまでに充実しているとでも思っているのでしょうか?
介護保険サービスを使っても尚、ゴミ捨てや通院等、必要な日常生活ニーズさえ
満たされず困っておられる方がどれほどあふれているかということを
知らないのではないか、と解釈せざるを得ません。

また、
「利用者は、支給限度額の半分しか使っていない。これは、事業者が本気に
なって営業すれば、売上を倍にできることを示しているとした。」
当たり前のことですが、同じ介護度でも、家族の状況、住んでいる地域、
ご本人の性格など 人それぞれです。
「ケアマネによる個別性のアセスメント→ご本人との同意→介護保険サービス利用」
という基本的な流れを分かっている人間なら、「営業をすれば売上が倍になる」などと
いうことをいえるはずがありません。
そしてこれは、介護保険に少しでも係っている人間なら当たり前のことです。


その他諸々…というか、一言一句が、現状をまるで認識していないとしか思えない
発言でがっかりしてしまいます。


池田氏の意見に大して、客観的なデータを用いてその間違いを
指摘している福祉関係者もおられます↓

特集・ケアマネジメントは本当に貧困か


マスコミ関係者の方には、表面的な意見にだまされず公平な記事を
載せていただきたいものです。
反論意見も並べて載せていただくとか…。
重要ポストにある方の意見となると、世の中に与える影響も強いことでしょう。
こういう方には、はやいとこ降板していただきたいものです


にほんブログ村 介護ブログ
にほんブログ村 高齢者福祉・介護
にほんブログ村 障害者福祉・介護
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村



障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ma:rui様 お邪魔します。
日本だけとは思いませんが、
国民ってなんなんでしょう?
と 思う事が多くなってきました。
権力にしがみつく人間が
国政や福祉に関ることを
許すこの国の行く末を案じます。
全ての人が納得できるとは
思いません。
しかし現実を知る努力を出来ないものは、
無責任な言動を慎むべきではないでしょうか。
まだまだ安定しない介護の形態だからこそ
無責任な言動があるのかもと、
家内の施設を私は、揶揄します。
ma;rui様 大変でしょうが、
分身を多く作られて悪玉菌を
やっつけてください。
主夫です。
2009/03/28 08:05
主夫様、お返事が遅くなって大変すみません。
介護の業界は、それ自体が本当にまだまだ未熟です。そこへ来て、お役人様の非現実的な政策にも振り回されてばかりです。
我々現場の人間は、嘆きをいかに前向きに解決していくか、ということが大切ですね。
ma:rui
2009/04/22 04:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護給付費分科会のお寒い人材 なごみのわーるど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる