なごみのわーるど

アクセスカウンタ

zoom RSS 見えない分かれ道 その後

<<   作成日時 : 2008/12/14 09:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

当たり前のことですが、
今 どんなに恵まれた状況であっても、
明日は…数時間後は…数分後はどうなるのか、
誰にも分かりません。


当たり前のことなのに、
普段はそれをあまり意識せずにいられるのは、
心の防衛本能のひとつともいえるかもしれません。


特に子供の頃には好奇心をたくさん発揮して、
適度に守られた環境の中で 様々な体験を積み、
学習をしながら成長していく必要があります。
そのためにも、健全な生育のためには、
適度に守られている、という安心感が必要です。


これが大人になるにつれ、
近しい人との別れ、怪我や病気などの様々な喪失体験を積み重ねて、
適度な防衛能力や危機予測の力を身につけていきます。


数分後にどうなるか分からない。
これはよく考えると非常におそろしいことです。
考えすぎるととても生きてはいけません。
突然の交通事故、発作、大地震、火事、落下物…。
これらすべてを考え出したら、外へも出られません。
ですから、「考えない」ことも、人間の防衛本能なのだと思います。


でも、理性では分かります。
どんな人でも、いつどうなるか誰にも分からない。
そのことをはっきりと実感する体験を得ることで
人によって影響は本当に様々だと思いますが、
何か目に見えない分かれ道があるような感じがします。

                        



ちなみに、今の自分はどうかというと、
「頭では分かっている」程度かもしれません。
若い頃 体を壊していたときはもうちょっと危機感があったのですが…

自分の場合、「明日どうなるか分からない」と思うと、
ほんのちょっと、身が引き締まります。
それと、時間を大切にしたい、今を充実させたい、と思います。
それと、不意に、何もしないでぼうっとする時間が出来たときは、
家族の顔とか、お世話になっている人の顔とか思い浮かべて
「しあわせだ〜」とか、「迷惑をかけて申し訳なかったな〜」とか、
会話の内容を不意に思い出して、
いきなりプッと吹きだしたりすることがあります。不気味…

それと、自分に何かあったとき、家族が困らないかどうかとか、
心の準備のこととかを、考えたり。。。


何だか考え出したら止まりません。
「もし、明日死ぬとしたら、どうする?」みたいな問いかけは、
本当に大きなテーマですね。
また機会を見つけて、語ってみたいです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見えない分かれ道 その後 なごみのわーるど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる