なごみのわーるど

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護の会社って

<<   作成日時 : 2008/12/12 08:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

福祉の仕事は、ただそれに就いたというだけで
「えらいですね」とか「大変でしょう」とか言われることが
多いように思います。
お世辞や社交辞令でいっている人もいれば、
心からそう思って下さっている方もいるでしょう。

確かに、労働条件はお世辞にもよいとは言えません。
ですが、仕事でやっているのですから、
決して、他の業種に比べて「えらい」などということはありません。

介護施設などで虐待や不正の報道があるにつけ、
または、同業者仲間で交流の機会などがあるにつけ、
社交辞令に 天狗になってしまっている関係者が
すごく多いように思えてなりません。

つまり、ただ介護をやっているというだけで
「社会貢献」とか「ボランティア」みたいな驕りをもつことは
勘違い以外の何者でもないですし、
逆に、そうした思い上がった心があることが原因で、
介護の技術力の低迷、希薄なプロ意識、労働環境の悪化、不正請求等、
多くの問題を生んでいるように思えます。

どんな職種もそうですが、
社会に必要とされているからこそ存在しているのであって、
必要とされなくなれば、あっても意味がないわけですから、
徐々に淘汰されていきます。

言い換えれば、介護だけではなく、
あらゆる企業が 社会から社会貢献を求められている訳で、
介護事業だけが特別なものではないのだと思います。

仕事であれば、社会貢献=当たり前。
人にありがたがられてなんぼで、リベートがもらえる。
だからこそ、ただ就いているだけで驕り高ぶっているなどと言うことは
非常に高慢ちきで低レベルであること はなはだしいわけです。

何だか口汚くなってしまいました…。
同業者であるとはいえ、あまりのモラルの低さに
がっかりすることがあります。

人のふり見て、我がふり直せ。
プロ意識の薄い人々は、徐々に淘汰されるでしょう。
油断大敵。
自身の未熟な部分を常に磨き、
改変していくことを忘れてしまっていては、
自然淘汰も、明日は我が身。。。

負を見て負にならないようにするのは、消極的な努力ですが、
出来れば、正の方向を見て、わくわくしながら お役に立ちたい。

上手くいえませんが、思ったことをとりとめもなく 書いてしまいました。



障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト



にほんブログ村 介護ブログ
にほんブログ村 高齢者福祉・介護
にほんブログ村 障害者福祉・介護
にほんブログ村 経営ブログ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
お邪魔します。
介護の業界に限らないとは
思います。全体に日本人の
意識が飛んでいるのでしょう。
忙しいければ会社なら
人を雇えますよね。
それ以前に施設では、条件面で
人が来ません。
変に資格があり天狗の
方が多すぎませんかね。
家内の施設の話を聞いていると
腹が立ちます。
このたび理不尽な解雇を
受ける派遣社員の方が、
介護事業に来てくれないかなあ
と 施設の主任に家内が
話したところ こんな人
要らないと言われたそうです。
私は、人の痛みを知っている
と言う事で介護事業に必要ではと
家内といつも話しをしています。
人の痛みを忙しいからと言って
介護放棄する職員が多い
のは、この国の身近な見本ですね。
嘆いても仕方ないので
目を瞑ります。
久しぶりに訪問して熱くなり
申し訳御座いませんでした。
熱い介護がんばってください。
主夫です。
2008/12/12 08:59
主夫様、こんにちは!
そうですね、確かに
介護業界に限ったことではないのかも
しれません。
「資格」とか「学歴」のような
目に見えるものしか評価しない体質が、
心のない介護を生み出しているのかも
しれませんね。
資格云々よりも、
心のある介護のできる職員を
評価できるしくみがほしいものです。
素敵なコメント ありがとうございました。
ma:rui
2008/12/13 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護の会社って なごみのわーるど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる